Inspiron 15-3552のメモリを交換

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DellのノートパソコンInspiron 15 3000シリーズの3552を持っています。

購入したときから、動作の重さを感じていましたが、そのまま無理矢理使っていました。用途は、ウェブサイト閲覧(Chrome)、メール(Outlook)、Office(Word、Excel)、写真の加工など、ハードではないです。

でも、新しいパソコンを買う前に、メモリを増設してみようかなと思いました。

現在のメモリを調べると実装RAM 4GBだと分かりました。少ない。確か、購入するときに、最低2GBで、4GBあればゲームなんかをしなければ問題ないと書いてあるのを見て、大丈夫だと思った記憶があります。

このPCのメモリ関係の仕様を確認すると、

スロット:SODIMMスロット(1)

タイプ:DDR3L

速度:1600MHz

サポートする構成:2GB,4GBおよび8GB

ということが分かりました。

空いているスロット(メモリを挿すところ)があれば、そこに追加して増設しようと思ったのですが、残念ながら、スロットは1つしかなく、そこに4GBのメモリが挿してあるあることがわかりました。また、保証されているメモリ容量は8GBまでということも分かりました。

というわけで、増設というか、4GBから8GBへ交換することにしました。

実店舗で購入しようと、パーツショップに行きました。事前にネットでチェックしたいたのですが、それは売っていなくて、もっと安いのがあって、それしかなかったので、それを買いました。panramのDDR3Lです。(DDR3の低電圧対応がDDR3Lなんですね。)

メモリを取り外した部分

新しいメモリを挿したところ

それから、新しいのを挿し込み、キーボードなどを元通りにして完了しました。
そして、電源を入れると、
こんな画面が表示されました。メモリ変更が認識されて、このあとは普通に起動しました。
さて、快適さはと言いますと、前みたいにフリーズ状態になることはなく、レジュームからの起動も速くなりました。
似ている機種で、メモリを増やしただけでなく、ハードディスクをSSDにして快適になった体験ブログをみつけたんですが、ハードディスクのままでも、少しは快適になりました。
筐体を自分で開けると、補償外になるようなので、気を付けてください。
スポンサーリンク
simplicityのレクタングル(大)
simplicityのレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

コメント

  1. yamaguchi より:

    「Inspiron 15-3552のメモリを交換」を見ました。
    「About me」を見て信頼できそうな人が書かれていると思いました。
    他にも共感できる事柄が書かれていました。
    今回は私もInspiron 15-3552のメモリを交換を実施しようと思います。
    型番:D3N1600PS-L8G を購入すればよいのですよね。
    大変参考になりました。ありがとうございました。

    • admin より:

      コメントありがとうございます。
      その後、OS再インストールしたり、激しくメモリを使うサービス(具体的に何か失念しました)を優先度を下げたりして、速くなった気がします。
      もしかすると、メモリを交換しなくても良かったのかもしれません。
      責任はとれないので、ご参考程度にお願いします。
      あと、ウイルスバスターを入れているのですが、それが悪さしているんじゃないかという気もしつつ、まだ二年近く有効期限があり、そのままにしています。